カテゴリー別アーカイブ: コラム

外国人との結婚を希望する人々

日本の男性はなぜこんなに年齢にこだわるのでしょうか?

ある人にこの疑問をぶつけてみると、生物的出産年齢が一つのネックになっているのではないかということです。男性は女性に性欲を感じなければ、性行為ができないので、どうしょうもないのです。

外国人男性はそこまで年齢にこだわりません。年齢はいくつまでと、結婚の条件をばっきり切ってしまうのは日本人男性ぐらいです。山田さんによれば、外国人は性的魅力を感じる許容の幅が多様なのに対して、日本人は、年齢が若いほど性的に興奮するように、すり込まれているのだそうです。
さらに、「最近の若い人はずいぶん変わってきて、年齢なんか関係ない、母親ぐらいの年齢でもよいという学生の声も聞きます」ということです。ただし黒木瞳クラスのきれいな女性という条件がつくらしく、年齢上のタブーよりも近親相姦のタブーが大きい。つまり、男性は母親を意識してしまうと、そのタブーが働いて性的に興奮できないのだそうです。したがってかなり年上でも OK。ただし母親を感じさせないタイプであることが必要なのです。

結婚紹介業のなかには、男性を相手に、中国、韓国、ロシアなどの女性を世話する業者もありますが、いちばん実態がわからず苦情も多いのが、この国際結婚業者でしょう。お見合いのための渡航費、お礼や両親に払う持参金なども含め、何百万円も請求されます。消費者センターに苦情がくるのも、金額が高いケースはほとんど国際結婚のお見合い業者についてです。ちなみに結婚ビザ代行サイトなどもありますから、参考にすると良いでしょう。

女性向きに、欧米のエリート男性とのマッチングをうたったところも出てきていますが、最近は日本女性が殺到しすぎて、入会してもなかなかお見合いできないという話も聞きます。日本でも海外でもセレブ男性は稀少価値なのです。男女ともに、国際見合業者については、甘い話だけでなく、評判などもチェックして入会するのがよいでしょう。

結婚に関するイベントについて

今、様々なところで婚活イベントが行われています。

若い人たちだけではなく、もっと上の年代の方も元気に婚活をしているようです。

例えば、バツイチの人とか、子連れの人とか、参加者の属性は本当に様々です。

実際、バツイチの中年女性の場合は、若い男性相手だと、ちょっと気おくれしてしまうところもあるでしょう。

やはり、相手の年齢というのは、結婚において重要な要素なのです。

だから、婚活イベントに参加する際には、参加者の年齢層をチェックすることが重要です。

続きを読む 結婚に関するイベントについて

中年になっても婚活は出来るのか?

全国各地で毎日のように繰り広げられている婚活パーティ。

本来であれば、当然のことながら独身の男女が集うイベントですが、独身をいつわって参加する既婚者もいるそうです。

昔は、独身をいつわって参加するのは男性と相場が決まっていたものですが、最近は女性が独身女性のフリをして婚活パーティに出ていることもあるのだとか。

理由の一つとしては、「チヤホヤしてもらえるから」。

普段から夫にかまってもらうことが少なくなった妻が、婚活パーティで男性からアプローチされることは喜びに感じるものだそうです。

いくつになっても、男性からのほんの少し気を遣いがうれしいのですね。

フリーアナウンサーの中島彩さん(27)は、短期間で効率良く、多くの独身男性に出会うために、婚活パーティー、ランニング合コン、さらには街頭での逆ナンパなどありとあらゆる手段を使ったそうです。

そして、2人は今月に入って初めて会い、通算6回目に顔を合わせるタイミングでのプロポーズとなったとか。

生涯未婚率が上がる日本社会で、短期間で、しかも女性から男性への逆プロポーズで“結婚相手”をつかんだ意義は大きいといえるでしょう。

中島さんのいう婚活を成功させる秘訣とは「先入観を持たずに人と会うことだと思います」と言うことだそうです。

「そして、今日もきっと良い人と出会えるだろうと前向きな気持ちで婚活することで、相手の良いところを見つけられると思います」

いくつになっても、このような積極的な姿勢を保ち続けたいですね。

恋愛経験がないけど結婚したい女性の方へ

結婚した後の生活は、妄想が広がるものです。

子供を産んで、マイホームを建てて、将来は孫の顔も見てみたい。

しかし、いざ結婚相手のことを考えるとイメージが霞んでしまう。

そのような女性は非常に多いようです。

今まで恋愛経験がない方や、前回のおつきあいから時間がたっていたりすると、女性の結婚力が鈍っていることがあります。

このページでは、そんな女性の方のために、恋愛経験なしでもできる婚活方法をお伝えしたいと思います。

その1:お見合い

近年は恋愛結婚が主流ですが、昔はお見合い結婚はかなりの割合をしめていました。

私の近くにもお見合いで結婚した方は、意外に多いです。

年収、容姿など譲れない条件を満たした人とのみお見合いすれば良いので、自分のストライクゾーンにはまる人が多いはず。

意外に安定した家庭は、お見合い結婚から生まれるといわれています。

親や親戚、近所の世話好きの人にお願いすると、意外と良い縁談がまいこんでくるかもしれません。

その2:婚活サイト

恋愛経験がない場合、男性にどの様に接したら良いのかわからない場合があります。

そんな方は、ネットの婚活サイトを検討してみましょう。

婚活サイトなら、まずはメールやチャットで会話することも可能です。ある程度仲良くなってから会えば、会話もはずみ、相手に対して、自分を上手くアピールできるかもしれません。

いきなり男性に会う度胸がない方にオススメです。

恋愛経験がなかったり、少ない方でも結婚できます。

男性はピュアな女性を求める傾向にありますので、今までまでだれとも付き合ったことがないという点は、むしろ好印象につながる場合もあります。

自信を持って婚活をしてみましょう

結婚後の未来

自分の「当たり前」にはなかなか気がつけないものです。

約20年前、手術室勤務をしていたときに、
麻酔科の先生の手術記録(血圧や脈拍などを経時記録する)が、
黒のボールペンの文字から、突然、赤のボールペンの文字に変わっていました。

「先生?なぜ赤文字にしているのですか?」

「え?赤になっている?」

「え?はい、赤文字ですよ。」

…その先生には色覚異常があったのでした。

続きを読む 結婚後の未来