3年間を続けてみよう

私の知人で新しいことに取り組んでいる方がいらして、
毎日10時間勉強しているそうです。
何でも自分のものにして軌道に乗るまでに1万時間かかるとのことです。

1日10時間勉強して約3年。


自分自身を振り返ってみました。
そういえば、看護学校も3年。
手術室は3年で全科ようやく一回り。
病棟ナースとしても独り立ちには3年。

TAWを学び始めて一色先生の話を聴いても頭のなかが白紙状態。
これは一体何を言おうとしているのか?
私、カウンセラーになりたくて来たんだけど…?
それが3年たったある日、急に頭の中に図が浮かぶようになりました。
そういうことだったのか!!!!!!と驚き。

TAWの深層意識読み取り法の1つであるLDPが解けたのも3年目でした。
初めて書いたLDPはチンプンカンプン…訳が分からない。
ところが3年目になって、ようやく初めて書いたLDPの意味が分かったのでした。

私はびっくりしました。
3年前から私に必要なメッセージはしっかり発信されていたのでした。

LDPの結果は今でも表層意識の自分では納得いかないこともあります。
でも、経験から「この読みときは正しい」と分かるので、
感情をコントロールし、自分に言い聞かせます。

私は今では受講生さんに
「分からなくても納得できなくても、とにかく3年は私の言ったことを覚えていてください。」
とお伝えしています。

実はこれは、私が8年前に一色先生から言われた言葉なのです。

納得してから進もうとしたのでは遅い。
分かった!と思っても更にその上の分かった!がある。

皆さんも経験からこのことをご存知なのではないでしょうか。

何でも粘って3年くらいはやってみるといいですね。

粘り…といえば、テニス全米オープン、錦織選手の粘り、すごかったですね。
準優勝は残念でしたが、勇気をいただきました。
そして、すでにもう次に向けて練習されているんですね。

スポーツ選手の精神力はすごいですね!

1月に誕生日を迎えて90歳になるという女性にお会いしたのですが、
頭は金髪!お肌も美しい!若い!

「何かやっていらっしゃるのですか?」

と伺ったら、通訳・翻訳のお仕事を今でもなさっているそう。

日本語、英語、スペイン語、フィリピン語の4ヶ国語を話せる
クワドルリンガル(って言葉、初めて知ったけど)だそうです。

あ!今思い出しましたけど、私は以前、40ヶ国語話せるという
マルチリンガルのインド系イタリア人にお会いしたこともありましたねぇ…
日本語が大阪弁混ざりでおもしろかった。

この90歳になられる方は「あら、英語なんて簡単よ。」と仰っていました。
50年後には英語を話し「あら、英語なんて簡単よ。」と言っている私がいるかもしれません。

重宝されて、色んな方に通訳を頼まれる。
今でもお仕事をなさっているからお若いのですね。

そして、周りのお友達も皆さんお元気なんですって!

やはり、元気な人の周りには元気な人が集まりますね。

「360度自分」ですからね。

皆さんの周りにはどんな方がいますか?

周りに見る人は自分の深層意識(無意識)です。