結婚に関するイベントについて

今、様々なところで婚活イベントが行われています。

若い人たちだけではなく、もっと上の年代の方も元気に婚活をしているようです。

例えば、バツイチの人とか、子連れの人とか、参加者の属性は本当に様々です。

実際、バツイチの中年女性の場合は、若い男性相手だと、ちょっと気おくれしてしまうところもあるでしょう。

やはり、相手の年齢というのは、結婚において重要な要素なのです。

だから、婚活イベントに参加する際には、参加者の年齢層をチェックすることが重要です。

事前にそれをしておかないと、参加しても単なる時間とお金の無駄ということになりかねません。

また、万が一、年齢差を乗り越えて結婚に至ったとしても、そのような結婚はあまり良い結果に結びつかないようです。

婚活相手は友達探しの延長

例えば、不特定多数の中で、友達を探すとしましょう。

あなたはどんな相手に声をかけますか?

初めは何と言っても、自分の年齢に近い外見の人を探すのではないでしょうか?

年齢というのは、差があればあるほど安心できないのです。

だから、年齢が近いというのは、それだけで相手に選ぶ一つの判断材料になります。

中高年の婚活をしようとおもったら、まずは「年齢」を第一に考えましょう。

それができれば、婚活の半分は成功したと思っても間違いありません。

さらにその先へ…

年齢層を合わせることに成功したら、次は趣味・外見に入ります。

相手と共通項が多い人をまずはピックアップし、積極的にデートに誘ってみましょう。

そして、実際にフィーリングが合致するかを確認してみるのです。

交際とはそのような小さいことの積み重ねです。

こう考えると、相手の年収とかをチェックする時間がないと考えるかもしれませんが、そのようなことは、交際していくうちに徐々にわかってくるものです。

そして、どうしても年収が気になるということであれば、別れて次の方を探しましょう。

婚活は、その人に決めなければならないというルールはありません。

後悔しない結婚をするためにも、気になるところはどんどん追求しましょう。

妥協をすると、かえって自分の人生に傷を残すことになってしまいます。

「たった一度しかない人生、悔いの内容に生きる」

婚活にも、まさにこの言葉が当てはまります。